コンドーム避妊は限界、長い歴史のピルが効果的

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが入っている薬です。
服用することで、体内は妊娠している状態になり、排卵を抑制することから避妊効果を得ることができます。またもし受精したとしても、子宮内膜を厚くするのを抑えて着床を阻止し、子宮内に精子が流入するのを防ぐ作用もあるため、ほぼ100パーセント妊娠を防ぐことができます。
また女性ホルモンが含まれているため、服用するとホルモンバランスが整い、月経に伴うトラブルの改善や排卵を抑制する効果によって、子宮外妊娠の減少をはかることもできます。また子宮内膜症の治療やにきびや多毛症の改善にも使用されていますし、長い期間服用することで、良性の乳房疾患の減少、子宮体がんのリスク低下などもはかることができます。

海外ではポピュラーなピルですが、まだ日本ではそこまで浸透していません。
避妊といえば、日本ではコンドームといった男性任せの方法が主流で、ピルを使用している人は多くはありません。ただコンドームでは避妊に限界があり、女性が確実に避妊する方法は現在ではこのピルが一番負担が少なく、避妊効果も高い方法です。
こんなにメリットのあるピルがなぜ日本であまり浸透していないのかというと、それは副作用に対する不安や性のモラルの低下につながるといった偏見が根底にあることが挙げられます。
一般的なピルの副作用として、吐き気や頭痛、不正出血などがあります。ただこれらの副作用は、初めてピルを服用した場合に起こることが多く、2~3週間経てば症状は解消します。また服用すると太ると心配する人もいますが、現在ホルモン量の少ない低用量ピルでは、ほとんどの場合心配ありません。
以前使用されていたホルモン量の多いものの場合には、血栓症や心筋梗塞などの副作用が指摘されていましたが、低用量の場合には、これらの副作用も減少しているので、安心して服用することができます。

ピルの服用中は喫煙しないのがエチケット

ピルを利用して生理のコントロールをしたり、避妊効果を求めている女性も増えてきています。病院で処方される薬の一つですから、利用したいと思ったらまずは病院に相談をして問診をしてもらい、どんな薬なのかも一通り説明してもらってから利用していきます。よく決まった一定の時間に飲み続けるということが言われますから、自分の続けやすい時間を決めてから飲む事も大切なポイントとなります。

他にも、ピルの服用中には幾つか守らなくてはいけない事もあります。アルコールなども極力控えるようにといわれたりもしますが、もう一つ喫煙に関しても注意されます。35歳以上で1日15本以上吸っている人には処方が出来ないと言われている位です。それなら、その本数以下であればタバコを吸ってもいいのだろうと考える人もいるのですが、そうではありません。

喫煙をすることで血栓症が発生するリスクが高まるため、病院側からすると処方をしてはいけない、または減らすように指導をすることになるのです。ただ、病院側の場合は基本的に禁煙をおすすめされることが殆どですから、それぐらいピルと喫煙の相性は良くないと思って下さい。最近はタバコを吸える場所もかなり限られてきていますし、エチケットとして携帯灰皿なども持つように言われている時代です。

自分の体のことを考えてピルを服用したいと思って相談をするのですから、これもいい機会だと思って喫煙するのをやめてしまいましょう。そうすれば、生理の状態も良くなっていきますし、肌にも美肌効果も感じられやすくなります。長くピルを服用して行こうと思ったら書中いも多くて大変に感じるかもしれませんが、それ以上のメリットを得るためには必要なことと考えてください。

ピルを飲み始めて5日後に白髪がこれ副作用?

ピルを飲み始めて5日後に今までなかった白髪を発見した。他に何も生活は変えていないからピルが原因?と思ってしまう人もいるかもしれません。実際に、ピルを服用し始めてから白髪が出てきたという人は少なくありません。しかし逆に白髪が減ったという人もいるのです。白髪や抜け毛などの髪の悩みの改善にピルが病院で処方されていることもあります。
これはピルに配合されている女性ホルモンの影響だと言われています。女性ホルモンは髪の毛にも大きな影響を与えていて、髪が抜けにくくなったり、髪の成長期を伸ばす作用があると言われています。そのため今までの生活で女性ホルモンのバランスが崩れていたものが整えば、髪にも良い影響があって当然です。
また、ピルは身体の中のホルモンのバランスを偽妊娠の状態にするため、身体が妊娠のために備えようとして妊娠初期に起こりやすい腹痛、腰痛、むくみ、胸の張りなどの症状が副作用として現れることがあります。白髪になってしまう原因は栄養不足が主な理由だと言われていますが、妊娠してしまうと母親の身体自分ではなくは子供を優先的に栄養を与えるようになります。老化やストレス、栄養不足は白髪になってしまう大きな原因だと言われています。
しかし、ホルモンバランスによる髪への影響も一時的なもので、ずっと服用を続けていると体内のホルモンバランスが整うようになるため、抜け毛や白髪は減少していくと言われています。特に女性は40代に入るころから白髪が増えてきますが、これも閉経を迎えるころに起こる更年期障害の一つになります。この体内のホルモンバランスを整える作用によって髪へ良い影響がでることを期待して、ピルを服用している人もいるほどです。

ピルの服用では包装がわかりやすい

今の時代では、多くのカップルが性交渉に発展するような関係であり、愛情を確かめ合う行為として性交渉が普通に行われているものなのです。毎日の生活でなくてはならない行為だと捉えている人たちもいるのですが、性交渉によっても妊娠の可能性があることを忘れてはならないのです。
妊娠をしないようにするためにも避妊をする必要があるのですが、男女ともに協力をしていく必要があります。日本ではコンドームを男性がつけるのが避妊法として知られているのですが、海外の国では女性が服用するピルがメジャーです。日本においても近年知られるようになっているピルですが、飲み方や種類などもあるので、そういったことを知っておくと便利です。
ピルはホルモン剤の入っている錠剤を毎日飲むことで生理周期を整えることができるようになっているのです。そして排卵を抑制できるので、女性の卵子と男性の精子が出会うこともないのです。そうすることで、妊娠を防ぐことができるというものなのです。ピルは正しく飲み続ければ高い避妊率での使用が可能ですが、飲み忘れがあると妊娠してしまうことがあるので、ほかの方法を検討するようにします。
ピルは28日間の周期で毎日飲む28錠のタイプと21日間飲んで7日間休むというタイプがあります。これらの錠剤は仕組みとして同じであり、28錠のタイプでは服用しつづける習慣づけのためにも最後の7日間はホルモン剤が入っていない錠剤を飲むようになっているのです。
これらの錠剤は横に7日分、縦に3週間もしくは4週間分の1シートで包装されています。ですから、飲む人としてはとてもわかりやすく、どこまで飲んだのかということが一目瞭然になっているのが特徴です。

ピルと骨盤と使い方について

ピルというと、アフターピルなど、性交渉に失敗してしまった際に、妊娠を防ぐために使われるお薬、このようなイメージがあるものですが、月経困難症などや月経前症候群にも使われる薬であり、女性ホルモンのバランスを調整する役割があるものです。

この月経困難症については、生理の始まる2週間前から1週間前に生じる、いろいろな不快な症状のことをいいまして、身体的症状だけでなく、かなりのイライラ感などの、精神的な不安症状が出るケースもあります。

体に出る辛い症状としては、骨盤などの痛み、それに伴う腰痛、腹部の痛み、食欲不振、便秘や酷いめまい、頭痛などがあり、さらに酷い場合には、不眠症となることも少なくありません。特に骨盤付近の痛みは、かなり重いもので、マッサージなどが必要となる人も少なくありません。

また吐き気などが酷いことから、市販の胃薬などを、月経困難症の方は服用していることが多く、また、生理前には、急激に食欲がわいてきて、体重増加の症状がある場合と、逆に上記のような胃痛などから、食欲不振となるケースと2つのパターンがあります。
このようなPMS、つまり月経困難症の治療には、個人の体質にあったピルを処方してもらうことで、上記のような辛い症状を軽減することが出来ます。

使い方については、医師の先生、産婦人科や婦人科の先生が、ピルの使い方について、また一日に飲んでいいい容量などを、とても詳しく教えてくれます。

そのため、その量をしっかりと守って、きちんと時間を決められた通りに飲むことがとても大切であり、間違えて時間をずらしてしまったり、一度に多く飲んでしまう使い方をしてしまうと、大変なことになるケースもあるため、注意が必要となります。

ピルと殺精子剤と胆汁性について

殺精子剤とは、性交渉を行う前に、精子を殺す作用を体に入れるお薬のことです。

この殺精子剤は体に入れることで、受精卵を作る目的を防ぐため、精子を殺す作用がありますが、時間の経過と共に作用がなくなってしまうため、男性の使うコンドームと併用しながら、性交渉を行うことが基本であるとされています。

また、薬局などで販売がされているものの、しっかりと用法を見て、入れる位置を間違えずに行うことが大切であり、
また同時に、時間の経過と共に、精子を殺す作用が消えてしまう、このことを頭に入れておかないと、妊娠をしてしまう可能性が高くなります。

また、この殺精子剤については、膣内の中に炎症が起こってしまう人もいるため、その点についても、注意が必要になります。

ピルについては、よく知られている通り、アフターピルなどのものは、上記のような性交渉に失敗し、妊娠してしまった可能性が高いケースの時に、女性が可能な限り、出来れば24時間以内に飲むことで、妊娠を防止することが可能として高くなるお薬ですが、副作用などが大きく、吐き気やめまい、食欲不振などが女性の体に大きくのしかかることが問題となっています。

胆汁性について、これは原発性胆汁性肝硬変と言われており、肝臓内の胆管が炎症を起こしてしまい、胆管が塞がってしまい、肝臓が悪化して、肝不全を発症するという病気です。
胆汁性については、病気として、肝炎ウイルスという病気があります。
これは、性交渉を行った際に、この肝炎ウイルスを持っている女性または男性と、性交渉を行うと、肝炎ウイルスが発症してしまう場合があり、このような場合には、妊娠をした場合には、赤ちゃんにもこの病気が感染すると言われています。

ピルと副作用と生ビールについて

ピルを服用した前後には、生ビールなどのアルコール類は、飲むことは構わないのでしょうか。特にお薬を飲む初めて日が浅い女性なら、こうしたことは気にかかるものです。お酒によってピルの効用に影響したり、体内への悪い影響がないかは心配です。基本的に生ビールなど、飲酒することで低用量ピルの効果への、変動をもたらすことはありません。成分の効果が弱くなることも、強くなることもありません。アルコールは適量を、楽しく飲んで大丈夫です。

毎日の習慣で飲む医薬品ですから、就寝前に服用を決めている人は、生ビールなどのアルコールが入ると、お薬を飲み忘れすることがよくありますので、その点は気をつけるといいです。アルコールは、ピルの効果には影響を与える事はないですが、肝臓への負担はあるので、飲みすぎには注意することです。

ピルを飲み始めると最初のうちは特に、さまざまな不調の副作用を感じやすくなります。服用後に吐き気やむかつきを感じたり、頭痛が起こることもあります。いつもよりも身体がむくみ安いですし、乳房の痛みを感じることもあります。こうした症状は女性体内でのホルモンバランスが関わっていて、お薬の成分によって妊娠初期に似た症状が起こるためです。ですが、いていは4日から5日もすれば、身体が慣れますので症状は治まります。

とはいえ、副作用には様々なタイプがあるので、軽度のほてりならいいのですが、長期的な服用での心配も出てきます。毎月の月経と月経の間に出血である、不正性器出血の症状がみられることもあります。出血というものは、女性に関わる病気の重要な症状でもあります。色がピンクだとか褐色であっても、それは出血と考えたほうがいいです。