ピルと殺精子剤と胆汁性について

殺精子剤とは、性交渉を行う前に、精子を殺す作用を体に入れるお薬のことです。

この殺精子剤は体に入れることで、受精卵を作る目的を防ぐため、精子を殺す作用がありますが、時間の経過と共に作用がなくなってしまうため、男性の使うコンドームと併用しながら、性交渉を行うことが基本であるとされています。

また、薬局などで販売がされているものの、しっかりと用法を見て、入れる位置を間違えずに行うことが大切であり、
また同時に、時間の経過と共に、精子を殺す作用が消えてしまう、このことを頭に入れておかないと、妊娠をしてしまう可能性が高くなります。

また、この殺精子剤については、膣内の中に炎症が起こってしまう人もいるため、その点についても、注意が必要になります。

ピルについては、よく知られている通り、アフターピルなどのものは、上記のような性交渉に失敗し、妊娠してしまった可能性が高いケースの時に、女性が可能な限り、出来れば24時間以内に飲むことで、妊娠を防止することが可能として高くなるお薬ですが、副作用などが大きく、吐き気やめまい、食欲不振などが女性の体に大きくのしかかることが問題となっています。

胆汁性について、これは原発性胆汁性肝硬変と言われており、肝臓内の胆管が炎症を起こしてしまい、胆管が塞がってしまい、肝臓が悪化して、肝不全を発症するという病気です。
胆汁性については、病気として、肝炎ウイルスという病気があります。
これは、性交渉を行った際に、この肝炎ウイルスを持っている女性または男性と、性交渉を行うと、肝炎ウイルスが発症してしまう場合があり、このような場合には、妊娠をした場合には、赤ちゃんにもこの病気が感染すると言われています。