ピルと副作用と生ビールについて

ピルを服用した前後には、生ビールなどのアルコール類は、飲むことは構わないのでしょうか。特にお薬を飲む初めて日が浅い女性なら、こうしたことは気にかかるものです。お酒によってピルの効用に影響したり、体内への悪い影響がないかは心配です。基本的に生ビールなど、飲酒することで低用量ピルの効果への、変動をもたらすことはありません。成分の効果が弱くなることも、強くなることもありません。アルコールは適量を、楽しく飲んで大丈夫です。

毎日の習慣で飲む医薬品ですから、就寝前に服用を決めている人は、生ビールなどのアルコールが入ると、お薬を飲み忘れすることがよくありますので、その点は気をつけるといいです。アルコールは、ピルの効果には影響を与える事はないですが、肝臓への負担はあるので、飲みすぎには注意することです。

ピルを飲み始めると最初のうちは特に、さまざまな不調の副作用を感じやすくなります。服用後に吐き気やむかつきを感じたり、頭痛が起こることもあります。いつもよりも身体がむくみ安いですし、乳房の痛みを感じることもあります。こうした症状は女性体内でのホルモンバランスが関わっていて、お薬の成分によって妊娠初期に似た症状が起こるためです。ですが、いていは4日から5日もすれば、身体が慣れますので症状は治まります。

とはいえ、副作用には様々なタイプがあるので、軽度のほてりならいいのですが、長期的な服用での心配も出てきます。毎月の月経と月経の間に出血である、不正性器出血の症状がみられることもあります。出血というものは、女性に関わる病気の重要な症状でもあります。色がピンクだとか褐色であっても、それは出血と考えたほうがいいです。