コンドーム避妊は限界、長い歴史のピルが効果的

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが入っている薬です。
服用することで、体内は妊娠している状態になり、排卵を抑制することから避妊効果を得ることができます。またもし受精したとしても、子宮内膜を厚くするのを抑えて着床を阻止し、子宮内に精子が流入するのを防ぐ作用もあるため、ほぼ100パーセント妊娠を防ぐことができます。
また女性ホルモンが含まれているため、服用するとホルモンバランスが整い、月経に伴うトラブルの改善や排卵を抑制する効果によって、子宮外妊娠の減少をはかることもできます。また子宮内膜症の治療やにきびや多毛症の改善にも使用されていますし、長い期間服用することで、良性の乳房疾患の減少、子宮体がんのリスク低下などもはかることができます。

海外ではポピュラーなピルですが、まだ日本ではそこまで浸透していません。
避妊といえば、日本ではコンドームといった男性任せの方法が主流で、ピルを使用している人は多くはありません。ただコンドームでは避妊に限界があり、女性が確実に避妊する方法は現在ではこのピルが一番負担が少なく、避妊効果も高い方法です。
こんなにメリットのあるピルがなぜ日本であまり浸透していないのかというと、それは副作用に対する不安や性のモラルの低下につながるといった偏見が根底にあることが挙げられます。
一般的なピルの副作用として、吐き気や頭痛、不正出血などがあります。ただこれらの副作用は、初めてピルを服用した場合に起こることが多く、2~3週間経てば症状は解消します。また服用すると太ると心配する人もいますが、現在ホルモン量の少ない低用量ピルでは、ほとんどの場合心配ありません。
以前使用されていたホルモン量の多いものの場合には、血栓症や心筋梗塞などの副作用が指摘されていましたが、低用量の場合には、これらの副作用も減少しているので、安心して服用することができます。