ピルの副作用で出る可能性が高いもの

ピルは体内の女性ホルモンのバランスを変えることで排卵を抑制し、妊娠しないようにする避妊薬です。服用すると今までの自分本来の体内の女性ホルモンのバランスが変わるため、副作用が起こることがあります。
ピルの副作用として多く報告されているのが腹痛、腰痛、吐き気、むくみ、胸の張り、頭痛、倦怠感といった症状です。昔は現在のものよりも女性ホルモンの濃度の高い中用量ピルが利用されていたためこれらの副作用が起こりやすいものでしたが、現在は最低限の効果が出るほどに女性ホルモンの濃度を低下させているため、これらの副作用が起こることは少なくなっています。
これらの副作用が出た場合、1~2シートほど服用を続けることでピルの女性ホルモンのバランスに身体が慣れてくるためほとんどの場合で症状が軽減したりなくなります。
ピルの副作用で太るという人もいますが、その多くは身体がホルモンの影響で水分をため込むようになってしまうことで起こるむくみです。稀にピルを服用することで生理痛やPMSといった体調不良が軽減されて体調が良くなるため、食欲が増してしまって太るという人もいます。
一番重大な副作用とされているのが血栓症です。女性の身体はピルを服用することで偽妊娠の状態になっていますが、出産時などに出血があるとそれを止めるために妊娠中は血液が凝固しやすくなってします。その作用によってピルを服用している時にも血液が凝固しやすくなってしまい、血液中でできた血栓が肺の血管に詰まって肺血栓や脳に詰まって脳梗塞、心臓に詰まって心筋梗塞などの命に関わる重大な症状が出てくることがあります。他にも足がしびれるなどの症状が出ることもあるので、そのような症状が出た場合には医療機関の受診を行いましょう。

ピルの副作用は飲んでいくうちになくなっていく?

ピルに限らず薬には必ず副作用があります。個人差があるのでまったく感じない人もいれば、激しい副作用の症状に苦しむ人もいます。
日本では低用量ピルが認可されるまではホルモン量の多い中高用量ピルが処方されていて、強い副作用を訴える人が多くいました。今は低用量ピルが認可され、以前よりも大幅に副作用が軽減されています。
しかし、低用量ピルにまったく副作用がないわけではありません。
ピルによって引き起こされる副作用の原因としてはホルモン環境への不適応にあると考えられます。
服用することによって今までの体内のホルモン環境が異なるものに変化していき、その変化に体が反応して不快な症状等を引き起こしてしまいます。主な副作用の症状としては吐き気、頭痛、血栓症、体重増加などが上げられます。初めて服用した人は、開始初期にこのような副作用を引き起こす場合があり注意が必要になります。
ですがこの副作用の症状は一時的なもので、体が新しいホルモン環境に慣れていけば次第に収まっていく場合が多いのです。なので初めは副作用がでても、服用を続けていくうちに症状が落ち着き快適なホルモン環境へと整っていくというわけです。ピルによるホルモン環境の変化は、体には良いことがたくさんあります。例えば生理痛、月経不順の改善やお肌のトラブル改善、病気のリスク、避妊などがあり不調や悩みを抱える女性にはとても力になる薬と考えられます。
極めて安全性の高いピルですが、なかなか副作用の症状が収まらなかったり、耐えられない程の症状がでてしまったら無理をせず医療機関に相談し、自分にあった薬を他に探すなどの対策が必要です。病院では検査をして体質にあったものを処方してくれるので一度受けてみたほうがいいと言えるでしょう。

ピルは体調が悪くても飲まなくてはいけない

ピルとは女性側が使用する避妊用の薬であり、女性ホルモンに作用して排卵日などを鈍らせることができるようになっており、これによって妊娠を防ぐことができるようになっています。
そのためなかなかコンドームを付けない男性との性交渉やコンドームを付けていてもしっかり避妊したいという場合に利用されることが多く、避妊対策以外にも生理痛や月経不順の治療薬として利用している人も少なくないとされています。
そんなピルは女性ホルモンに作用する薬となっているため、人によっては服用することによって体調を崩してしまうという人もいます。
また、薬であることから副作用を起こしてしまうという人もおり、そのような状態になってしまったらピルの服用を自分の判断で注視するという人もいるようです。
そのような人たちからすれば、体調不良を起こしてまで飲む必要があるのか、ということらしいのですが、実際には服用を中止しても大丈夫なのでしょうか。
結論から言えば自分の判断で勝手に服用を中止することは望ましいことではなく、あくまで薬であることから体調不良などの副作用が出た場合はかかりつけ医などに相談して服用する量を調整するというのが正解となっています。
というのも、ピルによって調整されている女性ホルモンは安定している状態となっていることがほとんどであり、それを中止することによって大きくホルモンバランスが崩れてしまう可能性が懸念されています。
また、勝手に中止して性行為をしてしまうと妊娠する可能性もありますし、ピルの効能や続けていた期間が全てムダになってしまう可能性が高くなります。
このようなことから体調不良を起こした場合は医者に相談し、勝手に中断しないようにすることが大切です。